プーケット、Patong発 JAJAの世界流離記
プーケット、パトンに住んでました。2009年2月からはプーを離れ色んなところをウロチョロしてます。タイネタが殆どです。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
盗んだパパイヤ
徐々に仕事にも慣れてタイ料理屋でもようやく
働きやすくなってきました。オーストラリア人の英語はたまに
まったく理解できないことがありますがこれも徐々に慣れるでしょう。

それにしてもこの国は外食(外での食事)にはお金をかけます。
ほんとにレストランは高いです(僕の予算からいえばですけど)

野菜やフルーツはそんなに高くはないですが、。

それはそうと、うちのレストランにはソムタム(パパイヤサラダ)がありません。
これも代表的なタイ料理なのに、オージーにはあまり
ポピュラーじゃないのでしょうか。

シェフの中に魚の発酵した汁中毒(ヤーセープティップラー)
のおばちゃんがいます。
タイのイサーン出身のこのおばちゃんは、この生臭い汁を
週に一回も食べないと調子がおかしくなるそうです。

パパイヤも自前のパパイヤを買ってきていつも店の
冷蔵庫に入っています。
このおばちゃんはお店の冷蔵庫に勝手に自分のスペースを
作ってそこにビールとかワインとか、この魚の汁とかを
入れています。
たまに食べさせてくれます。

懐かしい味がしました。

プーケットに居た時、仲が良かったイサーンの友達と
一緒にパパイヤを盗んだことがあります。
場所はパトンビーチを南に進みトライトランビーチ、
メルリンビーチリゾートホテルをちょっと越えた場所に
数本のパパイヤの木がなっていたのです。

もちろん僕はそんなこと知りませんでした。

とにかくその人が言うとおりにバイクを走らせて道の脇に
駐車しました。
確か時間は夜も22時とか23時くらいだったような気がします。

友達がたった一個のパパイヤを取りにいこうとした時、ありえない
タイミングで警察がフラ~っとバイクでやって来ました。

友人が「立ちションベンしろ」というので僕はそこで立ち小便を
しました。
周りは真っ暗でした。

何か友人が警察のおじさんと会話を済ませて事なきを得、
無事にパパイヤを盗んで返り、ソムタムを作って食べたのです。

確かビーチの端に生えてた木なので誰の持ち物かは
知りませんが、しかし、たった一個のパパイヤ、田舎で
購入すれば一つ10バーツ(30円)くらいなのに
必死で盗んだのでした。

でも友人いわく、馬鹿げてるけど楽しい、と笑うのでした。

そしてなんとなく美味しかった気がします。


僕にはこれを食わないと生きていけない、というような物は
ないような気がします。

ある程度何でも食べれて、何にでも満足してしまう。

いいのか悪いのか分かりませんが、だからこそ
今のところどこの国に行っても食べ物には困ってません。

納豆や味噌汁は好きですが、
納豆ご飯を食べながらめざましテレビとかを見て一日が
始まる生活に早く帰りたいとはまだなっていません。


盗んで食べたくなるほどの食べ物にまだ出会ってないといえば
そうなのかもしれません。
たとえ価値の低いものでも
真夜中に盗まれるパパイヤはやっぱ代表的なタイ料理だなと
思った。

それに比べて、オージー料理というのはなんというか、
肉とか、ハンバーガーとかばっかりでうまく言えませんが
掴み所のない、いわゆるコンチネンタル料理って感じです。

いろいろ写真も紹介したいのですが、僕が住んでる町の
図書館のパソコンがうまく操作できなくて、、、。
器械音痴ですんません。

ということで、うまく更新できるようになるまではこんな
独り言日記を書き続けます!

メリークリスマス!

スポンサーサイト

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。