プーケット、Patong発 JAJAの世界流離記
プーケット、パトンに住んでました。2009年2月からはプーを離れ色んなところをウロチョロしてます。タイネタが殆どです。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ごはんですよ
pak


見てほしいのはカオラーゲーン(オカズかけご飯)
ではありません。
この野菜です。
生野菜(パックソッ)はほんとに至る料理について来ます。
ソムタムやラープにはキャベツがついてきたり、
麺屋台では大量のバジルなど、
カオゲーン屋さんにもナスビやインゲン豆、きゅうり等
が既にテーブルの上においてあります。
これはタイのご飯屋さんでは常識のなのでしょうか。

で、みなさんこの野菜食べる派?食べない派?

僕は沢山食べる派です

nampra


では上の調味料。麺屋台にありますよね。
プリックナンプラー(唐辛子入り魚醤)、ナムソン(酢)、
プリックポン(刻んだ唐辛子)、ナムタン(砂糖)
です。ほかにピーナッツを刻んだやつもあります。

タイ人はクイッティオを食べる時、これを全部少しずつ
入れて味を変えます。
だから僕も真似するようになりました。
プリックポンなんて入れすぎたら痛い目にあいます

日本人との味覚センスの違いは大いにあります。
どちらが良いかは食べる本人の判断ですね。

きっとタイ人に日本の味噌汁飲ませたら
「唐辛子が足りない」とか「酢とナンプラー足して」
とか言われるんでしょうね。

写真のご飯はナナイ通り、バンボア2ゲストハウス前
のカオゲーン屋です。よくここで食べてます



今日のブログに感動したら下のランキングバナーを
素早く1クリックしてください。
rank
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。