プーケット、Patong発 JAJAの世界流離記
プーケット、パトンに住んでました。2009年2月からはプーを離れ色んなところをウロチョロしてます。タイネタが殆どです。
201005<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201007
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
完全燃焼
久しぶりです。

最近の僕ですが相変わらずブロッコリーです。しかし、うちのエージェントで
一番ハードな農場に飛ばされました。
今、うちのエージェントはレタスカット、レタスパック、ベビーコーン、
苗植え、ねぎ堀、芋ほり、などなどの仕事があり、ブロッコリーも
二つの農場と契約があるのですがこの中でも体力的にも精神的にも
きついところに飛ばされました。
理由は僕の働きっぷりがよかったのかどうか知りませんが、8日に一日休み、
つまり週一ではなく、オーストラリア人のほかに韓国人のレスラーみたいな
ごついやつがマネージャーとしている嫌な農場です。

しかししっかりお金も稼げそうなんで続けることにしました。

ボクシングも相変わらずやっていまして、最近はプロテインを飲むように
なりました。なぜならオーストラリア人に蹴られると痛いからです。
どう見ても相手のほうが足も体つきも太くってミットの上からでも
折れるくらい痛いんで、こうなったらオージー負けないくらい
ごつくなってやろうと思いました。

韓国人のマネージャーはは韓国人の労働者にも嫌われるほどの軍隊並みの厳しい人で
韓国人にはクソとか死ねとか言うそうです。
トラクターを運転するのは頭の悪そうなインド人。この農場には15人ほど
インド人がいますが意外とみんな体つきがよく怪しいやつらばかり。
40人ほどの足腰の強そうな韓国人と、香港人1人、台湾人1人、
日本人は僕を含めて3人。ここのブロッコリーの畑にはこれしかいませんが、
インド人がものすごい速さでトラクターを運転し僕たちは一日に
何千、何万のブロッコリーを刈っては箱に投げ入れるのです。
その野菜の大きさが小さすぎたりするとくそったれ韓国人に怒られます。
速さについていけず、刈り忘れても怒られます。
僕は要領がいいのでこの農場のオーストラリア人の社長にまず顔を
覚えてもらってやる気があるところを見せているのでクビにはならなそうですが、
すでに10人以上脱落したやつを知っています。

そして、8時間くらいブロッコリー畑で明け暮れた後はボクシングで
オージーに蹴られまくるという悲惨な毎日。

夜はもちろん爆睡。
今夜は日本-カメルーンのサッカーがあるかもしれませんが僕は
もう寝ます。

自分の体は自分で守ります。

おやすみなさい。また忘れたころにこうしんしまーす。
スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。