プーケット、Patong発 JAJAの世界流離記
プーケット、パトンに住んでました。2009年2月からはプーを離れ色んなところをウロチョロしてます。タイネタが殆どです。
201003<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201005
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あと一週間
あと一週間でタイ料理屋ともお別れ。
なんて思ってたらその前にトラブルメーカーのビッチガールが
退社することになった。しかもオーストラリアには残らず
タイに帰国するらしい。
お父さんが病気になったからという理由だがそれも誰一人として
信じていない。
むしろそんな事いってまだこの国のどこかで生きていくはずだ
とも考えられますが。

マネージャーがタイに帰国している間に起こっていた
社内の陳腐な抗争が発端でみんなに嫌われてしまったからに
違いない。

でっち上げた嘘でフィリピン人のエバをはめようとしたのだ。
しかし、彼女とシェフと僕は仲が良くて比較的まじめな
従業員のため、逆に僕たちから煙たがられるようになり、
野次馬の別の店舗の人達からも彼女の不平不満がマネージャーの
耳に届き、、

「事が大きくなる前に、解雇される前にこっちから辞めてやれ」
というのが彼女の本音であろうと僕は睨んでいます。

ほんとにくだらない。
勿体無いというか、なんというか。

最近、お手伝いに来ているもう一人のオジさんシェフ。
もうオーストラリアに12年いて一回もタイに帰っていないそうだ。
英語も大して上手ではない。

帰らない理由は一回帰るとビザの手続きが面倒くさい、というのと
友達なんて誰もいない、の二つを挙げました。

ちょっとリアルだったから僕も「アハハ」と咄嗟に相槌をうつだけでしたが
ビザの更新が面倒というのもアホくさい。
本当はそうじゃなく、ビザの申請が下らずにオーストラリアに
戻れなくなるのが怖いとかそんな感じじゃないでしょうか。

一週間後、一応僕のお別れパーティー的な飲み会をしてくれるらしい。
先に辞めてしまうビッチガールの飲み会はないのに、
なんだかちょっと気まづいが僕は悪いことはしていない。

マネージャーはセカンドビザが取れたらすぐまた戻ってきてね、と言う。
そりゃ雇う側からすれば長く働いてくれる人がいたほうが
楽でいいだろう。
その横でおっさんシェフが「お前はもう戻ってくるんじゃねぇ、
また別の場所で違う経験を積め、お前は一人だ、
結婚して子供ができたら絶対後悔するから、
できるだけたくさんいろんな場所で働け」と言います。

そしてマネージャーはシェフに要らないことを言うな、というような
ことを南部訛りのタイ語で怒っていた。


タイ人は決定的に日本人と違う部分がある。

それは良い部分とも悪い部分とも言えますが、呆気羅漢と後先を考えずに
発言し、行動をとると言うことです。
いや、もちろん日本人にもこのタイプの人間はたくさんいますし
僕だってかなり無茶をするタイプの人間ですが、
タイ人は驚くほど、いや、ほとんどと言ってこのタイプの性格
なんじゃないかと思っています。
もうかれこれ日本のタイ料理屋も合わせると5年以上タイ人と
付き合ってますが9割方はそうです。

今回のバンコクの騒動だって同じです。

人を殴れば自分の拳も痛いことくらい小学生だってわかるのに。。

でもそれを知っていても発言、行動に移すタイ人と言うのは
もっとも正直で人間臭い国民性でもあるとも思っています。

「あれを言えば恥ずかしい、こんなことをするとこう思われる」
とかいう概念を吹っ飛ばすようなことを次々と起こす。


いろんな人に野菜の切り方を教えてもらったが全員やり方が
違った。
形や大きさも違った。

それでもみんな「私が正しいと胸を張っていた」

BBQの焼き加減もテキトーだったし、
揚げ物に関しては僕の方が上手だった。
洗い物だって僕が一番早かった。
それでもタイ人は僕にあーじゃない、そうじゃないと
教えてくれた。

役に立たない知識もたくさん教えてもらった。
聞きたくない愚痴や他人の文句も沢山聞かされた。

そんなこのタイ料理屋もあと一週間でお別れだ。

未練なんてない。
むしろ、早く次の場所に移動したい。

でも感謝している。すごくみんなに感謝している。

バンコクのデモが早く沈下してほしいと願いながら
今日もインチキなタイ人だらけのキッチンで働いてきます。

ではまた来週☆



スポンサーサイト

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

究極のダイエット
2ヶ月ほど前は79キロだった体重が74キロになった。
つまりいつの間にか5キロもやせていました。

新陳代謝を促進させるピルを飲んでるせいもありますが、
最近はちょっと距離を伸ばして10キロ走ってたので
その効果が出たんだと思います。
基本的に筋肉は脂肪がたくさんついている部分には
つかないので、プロテインはまだのまずに一回いけるところまで
痩せてからその後身体を作ろうかと検討中です。

しかし、5月初旬から行ったこともない農場での仕事ですし、
思うようにアジアン料理が食べれないと思います。
いつもハンバーガーとコーラばっかり飲んでたらすぐ
リバウンドするだろうと思います。

体力トレーニングは行き先の見えない積み重ねの努力
ばかりで僕の性格には非常に合いません。

僕はサッカーは好きですが走ることは嫌いです。
小さい頃から、持久走大会になると運動部はおろか
文化部の人よりも、帰宅部の人よりも遅かったのです。
なぜなら走ることに面白みを感じなかったからだと思います。

サッカーは目の前のボールを追いかけたり味方や敵の動きを
見たりやる事が沢山あるので暇しませんが、ゴールまでただ
ただ走り続けるという「ランニング」という競技は昔から
不得意としてきました。

しかし最近は、今後の自分の人生を考えながら
「この先、俺どう生きていこっかなー」なんて考えながら
走ってたらいつの間にか一時間くらい過ぎてたりして、
物思いに更けながらダイエットをするのも悪くないなー
なんて考えるようになりました。

格闘技、来年から始めようと思いますが、本屋さんでMMA
(総合格闘技)の雑誌を眺めるだけで
「痛そうだから辞~めたッ。」気分になります。
欧米人はみんな身体が大きくてターミネーターみたいなんです。

今はただ忘却の中、答えを探すことも無く余生を思い
走り続けるだけ。
あぁ、僕いつの間にこうなったんだろう。

迷い込めば元の木阿弥。
ノンストップでレッツゴーです。

ストイックになりすぎてちょっと頭がおかしくなったのかも
知れません。
そうなる前にタイ旅行計画してます。

プーケットにカラバオが来たんですね。
あのアンダマンの涙だとかなんだとかいう歌唄ったんだろうね。

ダイエットをしてる方にはお勧めです。
毎日10キロ走ってください。
絶対痩せます。
嘘だと思って試してみてください。
騙されたと思って2ヶ月間毎日10キロ走り続けてください。
言い訳なんてせずに、仕事があるからとか時間が無いとか
くだらない事言わずに黙って毎日続けてください。
足を止めたら地獄に落ちると思って続けてください。
自分だけが辛いと思わずに、世の中には今夜の晩御飯の心配
さえしながら歯を食いしばって、顔で笑って心じゃ野心を抱いて
必死で生きてる人間が何十億人もいることを忘れずに足を止めずに
走ってください。


そしたらきっと、少しは痩せると思いますよ☆

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

今頃ソンクラン??
久しぶりで~す。完全にブログのこと忘れてました。
予定は未定ですが、あと2週間とちょっとでタイ料理屋を
やめてバスで2時間ほど離れたところの農場で働くことに
しました。

マネージャーがタイに帰国してから案の定レストランのスタッフ
の中で子供の様な言い争いや意味の無い意地の張り合いで
タイ人女性たちが揉めていますが、、、こっちだけじゃない
ようですね。
マネージャーからはバンコクがえらい大変なことになってるので
バンコクは数箇所でお祭りが中止になり、帰国を早めたと
連絡がありました。

ネットで確認したら、、なななんと世界中のバックパッカーの
メッカ、カオサン通りが戦場になったとかニュースがあるし、
死亡者、重軽傷者の数もたくさんいるし。。。

ショックです。

数人の知り合いはソンクランのためにバンコクに旅行するって
いってた人もいたのに。。。しかもカオサンで。。。
フェスティバル中止になってるし。。。。

タイの事をよくしってるだけにがっかり。

愛国党がどうなろうが、タクシンが帰ってこようが来まいが
まったく関係ない人が死んでしまっている。

迷惑かけたもん勝ちのお祭り騒ぎがどんな結果を齎すのか
考えている国民は今、バンコクに、タイにどれだけいるんでしょうか。
今の政党が解散しようとしまいと、アピシット首相が辞めようと
辞めまいとまた次の大迷惑な騒ぎが始まるのかなー。

頭わり~。ほんとにバンコク行きのチケット買おうとしてたんで
凹むわ~。カオサン友達いっぱいいるし。。。


ちなみにソンクランはタイだけで行われる行事ですが、ここオーストラリアでも
ソンクラン休暇がとれなかったタイ人やタイ好き外国人で、誰が作ったか
しらないワットタイ(タイ神社)などで、小さな水掛祭りは行われるそうです。

こっちは18日(日)のみです。

そういえばバングラデシュにいたときもタイ大使館の周りにタイ人が
集まって水掛遊びをしていました。

今回はしかし、ちょっと複雑な心境ですね。

ランチも店が営業なのでいけるかどうか分かりませんが行ったら
アップしま~す☆

ではまた来週☆

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。