プーケット、Patong発 JAJAの世界流離記
プーケット、パトンに住んでました。2009年2月からはプーを離れ色んなところをウロチョロしてます。タイネタが殆どです。
200910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200912
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブリスベンでの時間
すし屋では寿司を巻くスピードがスピードでもっとスピーディーに
と言われ、タイ料理屋では、早口でなに語だかわかんない中
仕事をしています。
うまく行ってないといえばそうですが、日本で言うスランプなのかも
しれません。でもスランプって言うのは慰めの言葉で実は
自分の力がないだけなんですけどね。

一つの失敗は、僕がタイ語が出来る人だと思われていて、
全員に全部タイ語で話しかけられていることです。
もちろん、僕は全部は理解していません。

よく、「わかっていない人はハイ、と答え、解る人はちゃんと
解らないと言う」
と言いますがその通りで僕は今タイ料理屋で
ただ相槌を打つ理解度の少ない生徒みたいになって
しまっていたのです。

僕には荷が重すぎたのではないかとちょっと思いました。
もう一人いるフィリピン人の女性はもうここで2年も
働いていてみんなからは英語で話しかけられ、ちゃんと
「揚場はフィリピンのエバちゃん」みたいなポジションが
あります。
エバさんは子供が5人もいます。英語も上手。
こんなに物価が高い国で5人も子供を育てるなんて、
この人がすごいのか、この人の旦那が凄いのか
僕には関係ありませんがそれでも楽しそうに働いてるから
尊敬します。
たまにフィリピンのエバさんはタイ人女性を僻んで
口喧嘩をしたりしてますが、それを見てても楽しいし、
なんというか強か(したたか)さを感じます。

僕は、解ってないくせに、どこが解らないのか解らないまま
時間が過ぎていくので成長が遅いのです。

あぁ、クビになるまで、なんとかお給料だけちゃっかり
稼いでやろうかと、また逃げ腰になってたそんな昨日、
ボスと2店舗めのオバちゃんシェフが
「あんたは来週からフライ場教えるからこっちの店に来なさい」

だって。窓際族に左遷されるかと思ったら
メインディッシュを作らされることに、、、、。

わかりません。これがタイ流の虐めかもしれませんが、
僕は、日本でバイトしてたときはとにかく、このフライ場は
炒飯とはメーンを作る場所で下っ端は立つこともない場所
なはずなのに、、、、
まったく意味が解らん。
昨日「あんたは包丁の握り方が変だよ」って言われたばかりなのに。。。。

変なら初日から言えよ、なんで今頃になって、、、。

気づくの遅くねぇか。。
でもそれは真実で僕はご飯を食べるときは左利きで、それ以外は
右利きなのでとっさに左手だったり右手だったり、、、、
仕事をしてる途中に手を左右変えたりする癖があって
それが、ちゃんとしないと後々、癖を戻しにくくなるんです。

まぁいいや。こんなことブログに書いたって、だから何だよって
感じなんでもう辞めにしますが、
「ピンチはチャンス」で「チャンスはピンチ」なんで
がんばろーと思いました。
将来料理人に成る気は一切ありませんが、俺が作った
炒飯がこの店では1000円以上の値段で売られることになる。

恐ろしい事だ。

最近、日本ではライアーゲーム2というドラマが始まっているはずです。

僕は先日、「コードブルー」って医者のドラマを見て泣きました。

日本のドラマで泣いたのは生まれて初めてかもしれません。

今、日本では、アラガキユイ、とトダエリカ?とアヤセハルカが
熱い!ってことをオーストラリア人に教えて貰いました。
アラガキユイは「ガッキー」っていうらしいですね。。。

今夜は「サムライハイスクール」を見ます。
しかも英語字幕付です。

また来週!

スポンサーサイト

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

オーストラリアの時間
また気づいたら一週間もの時間が経っていました。
皆さんこんにちは。
近況は、前にもご紹介しましたどんどん詳しく説明していこうと
思います。

僕は、今、家のオーナーさんにマウンテンバイクを借りていますが、
この国は自転車に乗るときもヘルメット着用がルールなのです。

タイにいたころはスクーターで、ノーヘルメットで3人、4人乗りも
目面しくない光景でしたが、ちょっと飛行機に乗っただけで
こんなに違うんですね。
それと、酒屋や、バー、レストランでしかお酒が購入出来ないことも
前回書きましたが公園や屋外で飲むのも禁止だそうです。
つまり、日本みたいに「お花見」とかはできないのです。

もちろんルール、規則、法律があるということは、違反者も
います。嫌、違反者がいるから規則が出来るのか?それは
どうでもいいとして、必ずしも日本が住みにくい国というわけでは
ありません。

先日、ホームのオーナーさんと一緒にビューポイントの
山に連れて行ってもらいました。そこにはレストランが
一軒しかなく、そこからはブリスベンの景色が一望できる
素晴らしいところで、きっとプーケットでいえば「ランヒル」
みたいなところでしょうか。

僕は、ハンバーガーとフライドポテトとレタス?のセットを
頼みましたが、17,5ドルです(1500円くらい)
ドリンクを合わせると2000円くらいします。
確かにそこにはそのレストランしかなかったですし、景色も
まぁまぁ、素晴らしかったけど、2000円のバーガーセットも
僕には生まれてはじめての体験で、その人差し指と親指で
しっかり掴んで、頬張るバーガー、そしてポテトを口に
突っ込んで乾いた喉に引っかかったジャンクフードを
コカコーラで流し込む感覚は、、、、やっぱりKFCや
マクドナルドのそれとあまり変わったところはありませんでした。

デパートの仕事場では、今から夏のシーズンで衛生管理局の人が来て
店内を厳しくチェック。忙しいときにあり得ないような注文や
規則を押し付けて帰りました。引っかかる点が多いと
営業停止になることもあるそうです。
きっと市役所などの公務員は食中毒者を出したくないから、
完璧なルールを書類で作って押し付けて帰るんでしょうけど、
あんなのも生まれて初めて見ました。

日本にいた頃もよく「規制緩和」という言葉を目にしましたが、
どこがどのように緩和されていっているのでしょうか。

世の中には「クレーマー」と呼ばれる人は増え続けていく中で、
サービス、ホスピタリティーを提供する側はどれだけの規則や
ルールを理解し業務を遂行しているのだろう。



そんなことを考えながら野菜を切ってたら集中してないもんで
指をカットしちゃいました。。。

住む国も物事も一長一短ですね。


次回に続く。

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。