プーケット、Patong発 JAJAの世界流離記
プーケット、パトンに住んでました。2009年2月からはプーを離れ色んなところをウロチョロしてます。タイネタが殆どです。
200906<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200908
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイでの不思議な一日②
fyu
(リンゴみたいな果物を食べてる妹、左に見えるのは
熟れる前の緑色のドラゴンフルーツです、何も言ってないのに
カメラを向けると「ザ テレビジョン」の表紙みたいなポーズを
してくれました)

そのほかこの家の周りにはパパイヤの木、
チョンプー(ローズアップル)、ラムヤイの木、
ファランの木もありました。

果物天国ですね。


ご飯を食べて一段落するとお父さんがココナッツ取りに
着いて来るように云うので見に行きました。

gyui
(サファリツアーのココナッツ取りの猿よりも豪快です、
言葉少な目のお父さん、ここが一番の見せ場です。。)

房ごと切落として家に持ち帰るんですけど、
めっちゃ重かったです。
やっぱこういう仕事の人ってみんな力持ちですね。

あんまり美味しくないんですけど、ご飯を食べて
満腹だというのにココナッツの水を死ぬほど飲まされました。

dtp

いつ帰れるのかな~なんて思ったら雨季らしいスコールが
降ってきました。それでもココナッツを切るお父さん。

dtyiuh
(ココナッツ娘)

部屋で待っていると、この日まだ見たこともない女の子が
出てきて、ココナッツを持ってきました。

「どこから出てきたの?」と聞くと

「隣の部屋で寝てました」だって。。。

不味いなんて言うことはできません。

しかし、「美味しい」というと一個目を飲んでしまう前に
二個目が出てくるのです。

「イムレオ」(腹いっぱい)の一言でした。

そしてこの日一番の謎。
写真にはいませんが、さっきのココナッツ娘の彼氏が
家の外に写真(下)のようなサウンドシステムを持ってるのです。
ウーハーも何発!?
しょぼいディスコより重低音利きますよ。しかも
gyui

(チューナーとPA機材)
gyuio

いったい何のために!???

謎です。

イーグルスのホテルカリフォルニアが、、家中ならぬ
村中に爆音で鳴り響きました。

これが日本だったら100%警察が来ます!

個人的にはかなり笑える話なんですが、家族の人たちは
当たり前のように暮らしています。

チューナー、エフェクター機材は写真の部分で
7万バーツくらいらしくて、、、、スピーカとあわせるとかなりの高額だぞ。

一体そのお金はどこから、、、、、まぁそれはいいとして。。。


家の2階から写真みたいに延長コードで外のスピーカーまで
線を引っ張っているのです。

いったい何のお祭りに使うんだろう。。。。。


すげーぞこの家!!!


僕はこの後、、、
目の前の自然と音楽に酔いしれて、お腹が一杯で
気持ちよくて寝てしまいました。


そして16時にこの家を出発して、カオサンに着いたのは
20時くらい(いろいろ立ち寄りましたが、、、)

早朝から起きていきなり予定が変わりましたが、
これはこれですごく面白い体験ができました。

ゲストハウスに帰り着き、マッサージのおばちゃんに電話。

もちろん
「コップンカップ」(ありがとう)の一言を伝えるために。

無論、ドタキャンしてくれてありがとう、である。

タイってほんとに不思議な国ですね(笑)




★現地ツアー、ホテルのご予約は、ブルーアイランド★
http://www.blueisland-phuket.com/top.html


今日がいい一日だったら下のランキングバナーに
1クリックしてください。
rank
スポンサーサイト

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

タイでの不思議な一日①
今日はいつもヨガ体操で会うおばさん(ワットポーのマッサージ師)
と一緒にチャオプラヤ川でも一緒に船に乗って飯でも
食いましょうかーなんて言って早朝から準備をして待ち合わせ場所に
向かっていたのでした。
事前に電話もしてなかった僕が悪いのですが、
うーんタイならではのドタキャンを食らいました。
今日は体操の後からお客さんが沢山入ってて、、、、
しょうがないですね。。。

じゃぁ、帰ろうかなぁと思ったら

「待ち合わせ場所に私の弟や妹たちがいるから
今日は私の兄弟と遊びなさい、親戚の家に行くから」

と言われ。。

「はぁ~!?」

電話を切って2分後に妹らしい人から電話があり、
無理やりタクシーに乗るように指示をされて予定変更、
初対面の人とその人の親戚の家に行くことになったのです。

なんて強引なドタキャンから、謝ることもせずに兄弟に
押し付けるという、、あまりの常識のなさに、、
ウケてしまい僕は気分が変わってその人たちと
会うことに。。。


場所はバンコクから南へ1時間半くらい向かった場所。
ホアヒンなんかよりはもっと手前のバンコクよりに
サムー ソンクラム県というところがあって、
先日のイサーン地方はお米の田んぼでしたがそれとは
違う大自然がそこにはありました。。。

いったい僕はどこへ連れて行かれるんだろう。。。。
hui
(ココナッツの養殖林)

道は険しくなっていく。

hiu

緑の水草が張っている水路。
この地域は川とはいえない水路が広がり、そこに
住んでる人の家には手作りの橋がたくさんありました。

fvty
進めば進むほど、、、僕、帰れるのかな~って感じでしたが、
とてもその景色は綺麗でした。

カメラを向けると車のスピードを落としてくれる弟は
いい人。マッサージ師のおばちゃんの弟や妹といっても
全員僕より年上でした。

着いた先のお家は高床式の木造りの家。
cgy

ココナッツ以外にはバナナの木畑もありました。
fty

バナナは3ヶ月。ココナッツは3年かかるらしいです。

家には、おばちゃんとおじちゃんと、そこの
息子達やらその彼女らしい子がいましたが、、、、

nok
(なぜかとっても仲良くしてましたが、、、、この日初対面です、、笑)

まるで当たり前のように食事をだされ、
パパイヤもきのこも野菜も、全部そこら辺からとってきたやつで
お金かかってないから、、3日分くらい食べなさいと
お母さんは言ってくれました。

主な仕事はココナッツの水を売ることらしいです。

「The Life Is 自給自足」ですね。。。


あれ、、今日はチャオプラヤ川で船に乗ってもち米を
食べてるはずだったが、、、、


②に続く、、。






★現地ツアー、ホテルのご予約は、ブルーアイランド★
http://www.blueisland-phuket.com/top.html


今日がいい一日だったら下のランキングバナーに
1クリックしてください。
rank

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。