プーケット、Patong発 JAJAの世界流離記
プーケット、パトンに住んでました。2009年2月からはプーを離れ色んなところをウロチョロしてます。タイネタが殆どです。
200906<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200908
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クレット島(ノンタブリー県)
ujtr
今日もまた船に乗ってフラっとしてきました。
場所はノンタブリー県のコ・クレット。ツアーのパンフレット
なんかに載ってたので自分で行ってみました。

自分でも忘れないように下記に書いておきます。
カオサンからはバンランプーの船乗り場で13バーツ。
1時間くらい船に揺られてノンタブリーで下船。

そこから32番のバスに乗ってパククレットへ30分くらい(14バーツ)
降りた後はバイクタクシーに乗って5分程度(15バーツ)

そこからお寺を通り越して、また小さな船でクレット島へ
(片道2バーツ)

2時間くらいかかりますけど片道全部で50バーツ以下で到着。。。

ついた島はまず最初にお寺がどーんとあって、それ以外は
何もないように見えます。
いわゆるタイのお土産屋さんや民家が裏のとおりには
ずっと続いており、その島を一周しながらこの島を
探検できるのがクレット島の醍醐味??らしいです。

因みに海ではなく、チャオプラヤー川に浮かんだ島です。


自転車を40バーツでレンタルできるんですけど、
僕はひたすら歩きました。
学校もあるし、奥に行けばいくほど民家。

僕がいった時間帯は外国人は僕しかいませんでした。
逆にタイ人のツアー客の団体さんが来てました。

でも島の人は、ここにだってファランや日本人客も
来るんだよ、、と言ってました。
特に土日は観光客で一杯だそうです。


確かに日本人の方と一緒にここへ来たら

「なんじゃこりゃ、、、めっちゃローカルゥ」とか言いながら散歩出来て楽しいかも。。。

でもちょっと興味深かったのは轆轤を回して焼き物を
作ってる工場??お店が見れるところでした。

kyt
(職人さん)

個人的には結構ミドコロでした。

jt
(この奥には窯もありました)

ひたすら歩いて、汗だくだく、、なんじゃこりゃー、なんじゃこりゃー、
ツーリストなんて俺だけじゃねーかぁ、、なんて思ってたら
帰り際に外国人らしい人も発見。

でもタイ人もフラッと旅しに来るのんびりした島って感じでした。

ノンタブリー県。。。
バンコクの近くだけあって、、、バンコクのあんまり変わんない。
町も便利。


で帰りに面白いクイッティオ屋発見。

fyti
高架線の下で食べる地べたクイッティオ。
しかもクイッティオ・ルア(船で食べるクイッティオ)

ctyi
(船の上でラーメン作ってます)
クイッティオルアというのは元々は水夫たちが食べるもんで
船で作ってて器も丸っこい小さなお椀に入ってくる
クイッティオを昔はそう呼んでたみたいです。。

一杯たったの20バーツです。

しかしこの日、悲劇が、、、。

この日は風が強かったのです。。。

隣で食べてた人が調味料のナンプラー、砂糖、
そしてプリックポン(粉末の唐辛子)をかけた時でした。

スプーンからこぼれる粉末の唐辛子が風に飛ばされ、、

僕の目に入ってきたのです。

まさかと思いました。

こんなに目の前が見えなくなるのは数年ぶりです。
まさにお先真っ暗でした。
泣くかと思いました。
いや、、泣いていました。

じっとしたほうがいいのか、動いたほうがいいのか、
目が開かないし、、あぁぁぁぁっぁslsklslsdldldgyttff;jppj、、。、。
て感じでした。

おばちゃん達が水とティッシュをたくさん持ってきてくれて
周りの人もいろいろ何だかんだ野次馬が寄ってきて
そのときだけちょっと有名人になりました。

無事に目の痛みも治まり、、、お腹も満たしたところで
帰りは、面倒なのでローカルバスで直接バンコクへ
戻りました。
(ローカルバスも同じく32番でエアコンなしで8バーツ)

ローカルのたびは激安です。
100バーツ以下で半日以上ゆったり出来ます。
(あんまりゆったりしてないですけど、、)

ノンタブリー県のクレット島。


んー、、、どう説明していいかわからないけど、
プーケットの方に説明するとしたら、
もしもパンガー湾のパンジービレッジ(ムスリム村)
が川に囲まれてて、そして外国人がいなくて、お土産も
ローカルが買いそうな商品だったら、、、、
みたいなそんな素敵な島でした☆☆

因みに島でであったタイ人観光客の感想は
「寺しかないじゃん」
「この先なにがあるの?え?一緒?」

という感想でした。

でも僕は楽しかったです。

唐辛子が目にしみたけどマイペンライ☆

ということで、明日の夜からバスでプーケットに
向かう予定です。

何か事件に巻き込まれない限りはちゃんと到着
できるかと思います。




プーケットでは正直、ブログは毎日更新しません!
(週に一回かな。。。)

街で僕を見かけたら、そっとしてあげてください(笑)






★現地ツアー、ホテルのご予約は、ブルーアイランド★
http://www.blueisland-phuket.com/top.html


今日がいい一日だったら下のランキングバナーに
1クリックしてください。
rank
スポンサーサイト

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

ワット アルン(ワット プラアティッ)
kjf
昨日これに乗りました。乗ったといっても川を渡っただけです。
ワットポーから川を渡ってワットアルンに行きました。

片道3バーツ(9円)。アットアルンは別名ワットプラアティッと
呼ばれ日本語では「暁の寺」と呼ばれています。

きっと朝日が綺麗に見えるんでしょう、なんて思ってたら

ktud
よく見ると階段が合って上に登れるようになっています。

kjyg
(上からの景色)

景色は結構よかったです。
確かに早朝にここへ来れば素晴らしい朝日に出会えるかも
知れませんが、高所恐怖症の方にはお勧めしません。
階段はかなり急傾斜です。

trsd
(田舎から出てきた僕にはバンコクは大都会です)

寺の入場料は外国人は50バーツ。
タイ人はマイトンチャイ(払わなくて良い)って書いてあります。

そして、お茶でも飲んでまた川を渡って帰りました。

バンコクの休日って勝手に感じました。
この辺ほんとに大きな寺がたくさんあります。


興味ある方は是非いってみてください。
***船に乗る前に港ではいろんな人が寄ってきてツアーに
参加するように誘ってきます。悪い人ではありませんが
ちゃんと内容や料金を確認するようにして楽しみましょう***




★現地ツアー、ホテルのご予約は、ブルーアイランド★
http://www.blueisland-phuket.com/top.html


今日がいい一日だったら下のランキングバナーに
1クリックしてください。
rank

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

タイでの不思議な一日②
fyu
(リンゴみたいな果物を食べてる妹、左に見えるのは
熟れる前の緑色のドラゴンフルーツです、何も言ってないのに
カメラを向けると「ザ テレビジョン」の表紙みたいなポーズを
してくれました)

そのほかこの家の周りにはパパイヤの木、
チョンプー(ローズアップル)、ラムヤイの木、
ファランの木もありました。

果物天国ですね。


ご飯を食べて一段落するとお父さんがココナッツ取りに
着いて来るように云うので見に行きました。

gyui
(サファリツアーのココナッツ取りの猿よりも豪快です、
言葉少な目のお父さん、ここが一番の見せ場です。。)

房ごと切落として家に持ち帰るんですけど、
めっちゃ重かったです。
やっぱこういう仕事の人ってみんな力持ちですね。

あんまり美味しくないんですけど、ご飯を食べて
満腹だというのにココナッツの水を死ぬほど飲まされました。

dtp

いつ帰れるのかな~なんて思ったら雨季らしいスコールが
降ってきました。それでもココナッツを切るお父さん。

dtyiuh
(ココナッツ娘)

部屋で待っていると、この日まだ見たこともない女の子が
出てきて、ココナッツを持ってきました。

「どこから出てきたの?」と聞くと

「隣の部屋で寝てました」だって。。。

不味いなんて言うことはできません。

しかし、「美味しい」というと一個目を飲んでしまう前に
二個目が出てくるのです。

「イムレオ」(腹いっぱい)の一言でした。

そしてこの日一番の謎。
写真にはいませんが、さっきのココナッツ娘の彼氏が
家の外に写真(下)のようなサウンドシステムを持ってるのです。
ウーハーも何発!?
しょぼいディスコより重低音利きますよ。しかも
gyui

(チューナーとPA機材)
gyuio

いったい何のために!???

謎です。

イーグルスのホテルカリフォルニアが、、家中ならぬ
村中に爆音で鳴り響きました。

これが日本だったら100%警察が来ます!

個人的にはかなり笑える話なんですが、家族の人たちは
当たり前のように暮らしています。

チューナー、エフェクター機材は写真の部分で
7万バーツくらいらしくて、、、、スピーカとあわせるとかなりの高額だぞ。

一体そのお金はどこから、、、、、まぁそれはいいとして。。。


家の2階から写真みたいに延長コードで外のスピーカーまで
線を引っ張っているのです。

いったい何のお祭りに使うんだろう。。。。。


すげーぞこの家!!!


僕はこの後、、、
目の前の自然と音楽に酔いしれて、お腹が一杯で
気持ちよくて寝てしまいました。


そして16時にこの家を出発して、カオサンに着いたのは
20時くらい(いろいろ立ち寄りましたが、、、)

早朝から起きていきなり予定が変わりましたが、
これはこれですごく面白い体験ができました。

ゲストハウスに帰り着き、マッサージのおばちゃんに電話。

もちろん
「コップンカップ」(ありがとう)の一言を伝えるために。

無論、ドタキャンしてくれてありがとう、である。

タイってほんとに不思議な国ですね(笑)




★現地ツアー、ホテルのご予約は、ブルーアイランド★
http://www.blueisland-phuket.com/top.html


今日がいい一日だったら下のランキングバナーに
1クリックしてください。
rank

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

タイでの不思議な一日①
今日はいつもヨガ体操で会うおばさん(ワットポーのマッサージ師)
と一緒にチャオプラヤ川でも一緒に船に乗って飯でも
食いましょうかーなんて言って早朝から準備をして待ち合わせ場所に
向かっていたのでした。
事前に電話もしてなかった僕が悪いのですが、
うーんタイならではのドタキャンを食らいました。
今日は体操の後からお客さんが沢山入ってて、、、、
しょうがないですね。。。

じゃぁ、帰ろうかなぁと思ったら

「待ち合わせ場所に私の弟や妹たちがいるから
今日は私の兄弟と遊びなさい、親戚の家に行くから」

と言われ。。

「はぁ~!?」

電話を切って2分後に妹らしい人から電話があり、
無理やりタクシーに乗るように指示をされて予定変更、
初対面の人とその人の親戚の家に行くことになったのです。

なんて強引なドタキャンから、謝ることもせずに兄弟に
押し付けるという、、あまりの常識のなさに、、
ウケてしまい僕は気分が変わってその人たちと
会うことに。。。


場所はバンコクから南へ1時間半くらい向かった場所。
ホアヒンなんかよりはもっと手前のバンコクよりに
サムー ソンクラム県というところがあって、
先日のイサーン地方はお米の田んぼでしたがそれとは
違う大自然がそこにはありました。。。

いったい僕はどこへ連れて行かれるんだろう。。。。
hui
(ココナッツの養殖林)

道は険しくなっていく。

hiu

緑の水草が張っている水路。
この地域は川とはいえない水路が広がり、そこに
住んでる人の家には手作りの橋がたくさんありました。

fvty
進めば進むほど、、、僕、帰れるのかな~って感じでしたが、
とてもその景色は綺麗でした。

カメラを向けると車のスピードを落としてくれる弟は
いい人。マッサージ師のおばちゃんの弟や妹といっても
全員僕より年上でした。

着いた先のお家は高床式の木造りの家。
cgy

ココナッツ以外にはバナナの木畑もありました。
fty

バナナは3ヶ月。ココナッツは3年かかるらしいです。

家には、おばちゃんとおじちゃんと、そこの
息子達やらその彼女らしい子がいましたが、、、、

nok
(なぜかとっても仲良くしてましたが、、、、この日初対面です、、笑)

まるで当たり前のように食事をだされ、
パパイヤもきのこも野菜も、全部そこら辺からとってきたやつで
お金かかってないから、、3日分くらい食べなさいと
お母さんは言ってくれました。

主な仕事はココナッツの水を売ることらしいです。

「The Life Is 自給自足」ですね。。。


あれ、、今日はチャオプラヤ川で船に乗ってもち米を
食べてるはずだったが、、、、


②に続く、、。






★現地ツアー、ホテルのご予約は、ブルーアイランド★
http://www.blueisland-phuket.com/top.html


今日がいい一日だったら下のランキングバナーに
1クリックしてください。
rank

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

いもや
昨日日本食居酒屋に行きました。

電話したときもタイ人が日本語で対応。

オーダーをとりにくるホールスタッフの子もみんな
日本語。

決して上手ではないが、しかしながらお皿を
下げるときも、氷を追加するときも

「今日のお勧めはニシンに焼き物、馬刺し、えのきの
ベーコンバター炒め、白身フライです」

上記も全部日本語でしたが唯一

「えのき」を「イノキ」と言い間違えましたから、、、

えのきと「イノキのベーコンバター炒め」じゃ大違いですから(笑)

そりゃ猪木に料理出されたら不味くても「美味い!」
って言っちゃいますよね、、、。

しかしながら感動しました。

先日バンコクのカシコンバンクに行った時のこと

通帳を見て
「プーケットかぁ、、、ジャンセイロン支店ですね?」

「はい、そうです」

「ヤッパリネ!」
と日本語で言われました。
「ヤッパリネ」の言い方がちょっと可愛くて
「君、シロウトじゃねーだろ」
と思いましたが、バンコクに住んでると、
リトルトーキョーならず「リトルジャパン」だなと感じます。

日本語の需要が高いです。。。

店員さんは特にどこかで習ったわけではなく、
日本人のお客さんの言ってる言葉を思い出したりして
覚えてるとか言ってました。

なんてハングリー精神のあるコなんでしょう。。。。

しかも「いもや」、学生街の居酒屋並に安くって、
ZENやFUJIよりも本格的。タイ人にも人気で最近は
日本食はブーム、と店員さんも言ってました。

安くてお勧め、トンローとエンポリウム隣のビルにも
あり。
チョンブリーはシーラチャーなどにも店舗があります。
しかも全店舗モチーフや内装が違って昭和な感じ。
BGMもチェッカーズ、近藤マッチ、オニャンコなどがちょっと
リピートし過ぎってくらい何回も流れてました(笑)

写真は撮ってないです。

ボトルキープして余ったんでまた行かないといけません(笑)

バンコクの居酒屋、ふと日本に帰った気がしたひと時でした。

ここに住んでる人はまたここにどっぷり浸かっちゃって
僕とは違う感想だとは思いますが、とりあえず
凄いぞバンコク!って感じです。。。

いつかエンポリウムの近くにも行って見たいなーと思います。






★現地ツアー、ホテルのご予約は、ブルーアイランド★
http://www.blueisland-phuket.com/top.html


今日がいい一日だったら下のランキングバナーに
1クリックしてください。
rank

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

カオサンや市街地の様子
l
(BTSの駅の様子、どこの駅だったかは忘れました。)

連続ノンアルコール記録が一週間経ちました。
ご褒美に明日は飲みに行こうかと、、、(笑)

個人的に落ち着いたところでカオサンや街の様子を
勝手にお伝えしようと思います。

正直3年前と比べてもかなりファランが少ないです。

洋服などが至るマーケットで安く購入できるバンコクですが
今のままでは本当に腐ってしまう??かと心配されますが
実はそうでもないみたいです。

安い洋服はタイ人も買います。いや寧ろタイ人が買います。
ですのでターゲットをファラン(欧米人)旅行者に絞ってるお店は
打撃を受けてる模様です。

夜のお店もファランに頼っていたお店も旅行者で賑わってた
ところは大変のようですけど、、たとえば日本食料理屋なども
駐在人に人気のお店は特に問題ないはみたいです。
マッサージ屋さんに然り。

それにバンコクのみで言えばタイも一般層が経済力を
つけてきたのかカオサンも裏カオサン通りがあるのですが、
以前はファランに頼ってたこの通りもタイ人向けの
タイパブが新しく数件できていてタイ人の若者で溢れて
結構繁盛してるのにはビックリしました。

旅行者の夜の街、ナナやパッポンは以前と比べると
酷さを増してる気がします。。

しかしスティサン(タイ人向けの夜の通り)の店は結構
入ってる気がします。。

客層によってかなり違いがあるんですね。。。。


そして面白いのはタイ人の性格ってお店を経営
されてる方等以外はほとんどそんな事を何も考えずに
明るくポジティブに生きてるところです。

そんなタイが好きだったりもします。(好きだったり嫌いだったりします)

一般のタイ人と触れ合ってるとなんだか適当に
遊んで気ままに暮らしてたら気づいたときには事態は
収拾がついてた、、、みたいなことになるんだろうな~
みたいな。。


そんなこんなで、後10日くらいでプーケット島に行く予定です。

バスで行きます。500バーツくらいです。
夕方18時過ぎに出て、次の日の朝8時くらいに着きます。

いろいろこっちでローカルタイ人と話してると
「タイの中ではどこに遊び行きたい?」というとプーケットと答える
人が多かったです。

以上。勝手なレポートでした。

今朝は日食?だかなんだかでしたがタイは位置的に
綺麗には見えなかったのかな??
バンコクはニュースで午前8時4分が何とかかんとか
って行ってましたがバンコクはここ数日朝の天気が悪くて
それどころではありませんでした。

僕はというと8時からルーシーダットン体操をしてました。
(まだ通い続けてます。。。)

最近栄養のバランスを気にするようになっててなんだか
本当の自分じゃなくなってる気がしてます。
ビタミンCの含有量とかよくチェックしてます。


また面白いことがあれば、、、。





★現地ツアー、ホテルのご予約は、ブルーアイランド★
http://www.blueisland-phuket.com/top.html


今日がいい一日だったら下のランキングバナーに
1クリックしてください。
rank

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

最終日
gyuk
(試験日でした)
この人たちは僕の同期です。
僕は外国人だから理論は勉強しません。実技のみで
終了証がもらえます。
ぶっちゃけ一回間違えましたけど多分見逃してくれたのかな。
実技の後は
マッサージをしてはいけない事項を口頭で述べます。
こめかみ、耳の付け根、あごの先、ひじの裏、ひざの裏、
できもの腫れ物、傷口、骨折ひび、事故の後48時間以内、
熱がある場合、糖尿病、心臓病、高血圧、そけい部の圧迫時間、
肩関節、などなど。
試験監督は意外とテキトーに「OK」と言ってくれました。

fuko
(先生です。右側はスラポン先生)
最後にスラポン先生が僕のところに来て、以前日本の
文部省の招待か何かで日本でマッサージを教えた経験を
語ってくれました。
芸能人の西村知美に教えたことがあると自慢してきました。
何で最終日にそんなどーでもいい事を自慢してくるんだと
思いましたが、そういえば昔何かのバラエティー番組で、
ありとあらゆる変な資格まで取得する資格マニアで
西村知美が紹介されてたのを思い出して、あぁ、
ということはこのスラポン先生がそんな西村知美に
マッサージ教えたんだーと思うと、ちょっと面白かったですね。

しかし最後にいい事を言ってくれました。

「タイ人の生徒はすぐに仕事に就く人が殆どです。でも
あなたはそうではないでしょう。だからマッサージもやらなければ
すぐに忘れてしまうでしょう。これから10人、100人、1000人
という人に対して施術し経験を積む事で本当にあなたの
ものになります。だから頑張ってください。
またいつでもワットポーに遊びに来てください。」

と言ってくれました。
確かに、一言も間違えてない。何もしなけりゃ一週間後には
忘れてる可能性もある。セオリーも大事ですが、こういうのって
ほんとに「理屈じゃなくて身体で覚えろ」て感じですので
ずーっとずーっと続けないと駄目ですよね。

しかし実は僕、時間があればアドバンスコースやアロマテラピーコースも
習おうかと考えています。

理由は自分にもわかりません。

んー、、バンコクの後はついについについに

第2のふるさとプーケットに遊びに行きます。

宿泊はマイカオビーチの知り合いの家に合計一週間、
その他はナナイ通りのドミトリーに予約、交渉の末一泊1ベッド
160バーツ(450円)ホットシャワー、エアコン付で決定しました。


出稼ぎに行くまでは最後のタイを(いつも心では最後のつもりで)
楽しもうと思います。


ということでタイにいる間は無料で90-120分マッサージ
します!
練習台になってくれる人(しかも僕の居場所にたまたま
タイミングよくいる人)は言ってくださいね。
(風来坊なので予約は全く受け付けておりません、笑)




guyg
(カオサンの街マッサージ屋辺りで雇ってくれないかなぁ~)




★現地ツアー、ホテルのご予約は、ブルーアイランド★
http://www.blueisland-phuket.com/top.html


今日がいい一日だったら下のランキングバナーに
1クリックしてください。
rank

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

「とりあえず」マッサージを習うタイ人と共に
lohu
(このアチャーンの真似をします)

tiuitu
(バランスと呼吸が大事)

uifk
(朝から荘厳な雰囲気のお寺)

中国人のペアルック、ダセーなー!とか言いながら僕も
先日ついにセイムセイムバットディファレントTシャツを
買ってしまったJAJAです。

本日僕はE-VISA申請の結果が来てオーストラリア行きが
決定しました☆やったー!あとは飛ぶだけだ☆


ベーシックタイマッサージですがついに明日練習の最後に
試験があります。
まぁ駄目でも無料で何日も通えるから緊張はしないですけど、
なんだか楽しみです。


今日はなんとなくタイマッサージを習いに来てるおばちゃん達を
数人連れてワットポーからワットプラケオ、サナームルアン、
そしてカオサン通りまでガイドをしました。
おばちゃん達は田舎からでて来てなんとなく就職の
ためにマッサージを習っています。

なんで日本人の僕がタイ人に対してタイをガイドしなければ
いけないのかわかりませんが、ご飯おごって貰ったので
オールOKです☆
おばちゃん達は旅行者の聖地カオサン通りで
ファランの若い男を見たいといってウキウキしていました(笑)

「うわぁ、タイじゃないみたい!」とか言って笑ってました。
あんまり笑うトコじゃないと思いますけどね。。。


しかしいろんなお知り合いができるのですが、
こんなに沢山の人間が「なんとなく」マッサージを
習うというのは面白い話だと思います。


きっとこれは日本で言うところの、就職のために
警察か市役所か県職員かよくわからないけど
「なんとなく」公務員専門学校に通う日本人に似た
感覚なのかなぁ。。。

いやそれと比べちゃいかん。。。

でも日本の国家予算とか見ると大半はやっぱり公務員の
為にあるような感じですし、、、、。


タイマッサージはそれとは比較しちゃいけませんが、
旅行者で国の経済が成り立ち、その旅行者が
石ころを蹴ればマッサージ屋に当たると喩える
ことも出来るでしょう。。

なんとなくって、、、まぁ、僕も似たような感じですけどね。

タイ人って結構尽くすのが好きなのかなー。。。

確かにマッサージをして
「気持ちよかった~」と言ってくれるととても嬉しいですが
最近は体重80キロ級のおばちゃんに思いっきり
体重かけて指圧されてるんで僕の筋肉も
張り裂けそうです。
それにみんな真剣で気持ちいなんて誰も言ってくれないし。。。

筋肉痛で結構スポーツ感覚ですが、明日は試験です。

不合格だったら笑ってください!

また明日!




★現地ツアー、ホテルのご予約は、ブルーアイランド★
http://www.blueisland-phuket.com/top.html


今日がいい一日だったら下のランキングバナーに
1クリックしてください。
rank

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

ワットポーな毎日
最近また健康な日々を送ってます。
今朝のルーシーダットンはなんとどこかの日本の
旅行会社のツアー客と一緒にやりました。

きっとこのワットポーの体操もパッケージツアーに
組み込まれてるんですね!驚きです、今日は
8割が日本人でちょっと恥ずかしかっですが僕は
王様カラー(黄色)のポロシャツ着てたんできっと
タイ人と間違われてたに違いない。。。


でレッスンの話は置いといてここ流石タイで一番有名な
学校、毎日大量の生徒さんが入ってきます。

ワットポースクールはここ以外にもナコンパトムとはスラブリーとか
チェンマイにもあるみたいです。

しかもスクンビットには日本語をしゃべる先生が教えてる
日本人のためのワットポー学校もあって料金も
すごく高いらしいです。

生徒はほとんどタイ人ですがカオサンにも近く、外国人
旅行者も結構います。

タイ人の多くはもちろん街マッサージやスパで働くことを
希望してる人ばかりですが、事情はさまざまです。

親の出稼ぎについて来たけど何していいかわからないから
とりあえずマッサージ、だとか不況の煽りでOL続けるのも
限界でとりあえずマッサージだとか、母親が日本人と再婚して
日本に行くことになり日本で資格があると箔がつくので
といあえずマッサージだとか、海外組もかなり多くいて
僕が一緒に練習してる周りの人たちは
ドイツ、シンガポール、マレーシア、オーストラリア、等で
店持ったりスパで働くとかなんだとか言ってる
人が意外に多かったのには本当にびっくりしました。

実はこんなにタイマッサージが世界的に有名であることを
改めて実感しているのでした。

僕は単純にタイ料理が好きで、というかタイ料理を
食べることが好きで、、それでタイが好きなんですけど
心のどこかでは「タイ人なんかに負けてたまるかコノヤロー」
という気持ちを持っています。
だからマッサージもがんばってますが。アチャーン(先生)も
タイ語なのでやっぱこの仕事はタイ人の仕事だなぁ、、、
とも思います。

僕より隣のおばちゃんのほうが様になってる気がします。

僕が習ってるのは所謂120分タイマッサージを
5段階に分けて習ってます。
本日全行程を覚えました。
後は明日とあさっては延々と流しで練習して、最後に
試験があります。
もし試験に失敗しても何日も延長で通うことができて
追加の講習代金はかかりません。
実は60分タイマッサージというのはこの5段階のうちの
1,3,5をやってるのが60分マッサージで全部やるには
90分は必ず必要のようです。
それを繰り返す回数やゆっくりしたリズムでやると
120分必要のようです。
はぁ、しかし大変です。


なんだかよくわからないけど、外国人が習うコースと
タイ人だともっと複雑なセオリー(理論)を勉強する
授業(プログラム)があるようですが僕は今ベーシックを
ずっとやってます。
指が硬くなった気がします。


正直、「オレ何でこんな所でこんなことしてるんだろう、、、」
と考えながらやってるときもありますが心を無にして
やってます。
みんな目標持ってがんばってるんでポジティブで
結構楽しいです。


はい。
ですので今僕は一週間以上禁酒中です。
タイ人に負けないためにはタイ人以上の努力が必要です。


今日も僕は寝る前に瞑想してアチャーンにワイをして
眠ります。

なんだか変な宗教みたいだな(笑)





★現地ツアー、ホテルのご予約は、ブルーアイランド★
http://www.blueisland-phuket.com/top.html


今日がいい一日だったら下のランキングバナーに
1クリックしてください。
rank

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

ワットポー タイマッサージスクール
guyf
昨日から僕は朝6時に起きて身仕度をし、ワットポーまで
45分くらいかけて歩いています。

寺の敷地内で朝8時からルーシーダットン(仙人体操)と呼ばれる
ヨガをやってる女性がいてその人の真似をして
タイ人たちと一緒に体操してます。

太極拳の南アジア版って感じです(分かりづらくてすいません)
バランスを取るのが非常に難しく僕はまったくできてないですが
とりあえず真似をしてます。

教えているのは若い女性ですが他の人に
アチャーン(先生)と呼ばれてたので先生なんだと思います。

ワットポーの周りには旅行者を騙して小遣いを稼ぐインチキな
トゥクトゥクの運転手が沢山いますがかなりレベルが低いので
全然怖くはありません。

8時から30分体操をして、9時までにこのワットポーの
マッサージスクールに向かいます。

ワットポーは2500年以上続くタイマッサージ史の総本山らしく、
バンコクには無料でマッサージを教えてくれる寺や
学校も沢山あるんですけど、「とりあえず行っとけ」的な
ネームバリューと得意の勢いで申し込んだのです。

なぜタイマッサージを習いたかったかというと、それは
バングラデシュに居たことが一つの原因です。
あの国にないのは「タイ」でした。

もちろん日本にも「タイ」はありませんが、あの国には
全然タイが足りなかったのです。
人間は無い物ねだりで、お酒も豚肉も世間の欲も
満たせないあの国に滞在してると、何故か無性に
自分でタイを表現したくなって、、、、、、ていうのと
先日のイサーンに連れてって貰った歳が15コ上の
お友達ジウさん(タイ按摩師)に出会ったことですかねー。。。。

いやぁほんとに旅行をするのとソコに住むというのは
まったく違いますよね。。。あそこは大変でした。


ということでベーシックコースを習ってます。
時間とチャンスを見て修了したらフットとか他のコースも
習おうと作戦を立てています。

一日6時間集中して、マッサージをしたりされたり
しています。痛かったり気持ちよかったりします。

詳しいことはまた後日UPしますね!

ではまた☆
ij
(レッスンの様子、とてもアットホームで楽しいです)







★現地ツアー、ホテルのご予約は、ブルーアイランド★
http://www.blueisland-phuket.com/top.html


今日がいい一日だったら下のランキングバナーに
1クリックしてください。
rank

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

とどめの ナコーンラーチャシーマー(コラート)県!
ジウさん家族の企てで強引にコラートに立ち寄ることになりました。

コラートはバンコクからイサーンに向かう玄関口。
イサーンだと思って馬鹿にしちゃいけませんよ!
かなりのビッグシティーで意外さにびっくりしました。

中心部はかなり栄えていて遊び場もかなりあり、
チェーンでない日本食料理屋が結構あった所から察するに
かなりの日本人も住んでいるはず、、、そうそう、周りには
工業地帯っぽいところがありましたので日本企業も
かなり入っているのでは。。。


昨晩飲んだおじちゃんとおばちゃんの娘に無理やり会わされることに
なったのです。
冗談半分なので別にどうでも良かったんですけど、、、
でも街が栄えててちょっと「来て良かった☆」と思いました。

コラートのバスターミナルで待つこと20分。
迎えに来たのは昨晩飲んだおじちゃんとオバちゃんの顔を
足して2で割ったような女の子が迎えに来ました。

見えた瞬間、絶対この子だと思いました。

「まぁ、、マイスワイ だけど ナーニサイディー」、、、、

ということで定番のクンカタを食べにいったんですけど
ここがまたすごい綺麗なところで今までいった中で
一番規模も大きくて食べ物の種類も豊富じゃないですか!
しかもここの人々、、イサーン弁じゃなくて標準語です。

話によるとイサーンでも栄えた都市の中心は標準語が
普通なんだそうです。
ウボンやコンケーンもそうだそうです。

で、、その周りにはコヨーテパブとか洒落たバーカラオケが並んでて、、

「ちょっとトイレ行ってきます」とか言いながらそっちに
行きたかったんですけどそんな勇気もなくて、、
結局目の前の肉を焼いて食べることに落ち着いたのです。

いや、正直コラートはお洒落な若者が沢山いて、
ちょうどド田舎から出てきたオイラにとっては軽く
刺激的でありました。

親戚のオバちゃんらしい家に泊めてもらったんですけど、
オバちゃんに
「一人で寝れるかい?」と質問され
「大丈夫です」
と答えましたが心底内心は

「お願いだから一人で寝せてくれぇ~、一人になりたいよ~」
と願っていたのでした。。。

不在中の17歳の少年の部屋に泊めてもらったんですけど
部屋にはIbanezのギターが3本とアコースティックギターが
5本ありました。
タイの17歳の部屋にギターが8本!?とちょっと
興奮して、、、、

実は昔ちょっとバンドやってた僕としてはその百姓の娘さんとより
この少年とちょっと飲みたかったなぁというのが本音。。

次の日、バンコクへ帰るためにまたバスターミナルへ
向かう途中にその不良少年とすれ違ったのでした。。

あぁ、僕のイサーン旅行、、楽しかったな。。

また来たいなと思うタイのローカル道でした。


次回ヤスートーンに行った時は地元の中学校で
一緒に授業受けたり日本語教えたりしてOKだそうですので
機会があればまた行こうかと思いました。

では、ちょっと街の風景をご覧ください↓↓

gyguhk
(ヤモー アヌゥサワリー、コラートを象徴する記念碑)
この周りには商店街みたいなところもあります。

gjufhk
(バングラデシュみたいにリキシャが走ってる!
普通に「サムロー」で通じます)

ihlo
(なんでもない街の道路、日本食居酒屋も数件見ました)


その後、無事にバンコクへ到着し、、、、、

オース行きのビザ申請をしたり、、、

本日からワットポーでタイマッサージのベーシック習ってます。


じゃぁ次回はタイマッサージ編で☆





★現地ツアー、ホテルのご予約は、ブルーアイランド★
http://www.blueisland-phuket.com/top.html


今日がいい一日だったら下のランキングバナーに
1クリックしてください。
rank

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

行ってどうなる ムクダーハン県!
イサーンスペシャルで行きたいと思います。

今回はムクダーハン県。ジウさんのしょうもない見栄っぱりに
より機会を逃したかと思いましたがちゃんと行って来ました!

さすが見栄を張るだけのことはあり、ムクダーハンには
ロータススーパーや国際病院がありました。。。。

さらにメコン川を挟んでラオスのサワンナケートに抜けれるので
このメコン川沿いのマーケットではラオスのお土産や
ベトナムの小物も購入できます。

旅行者にはかなりマイナーですが、バンコク発のバックパッカーは
ほとんどチャンライから船で越えるか、ノーンカイからか、
またはアランヤプラテートからカンボジアに抜ける方法が
ありますが、ここムクダーハンからも橋を渡って国境越えできるので
要チェックですね。

しかし、場所が中途半端なので、お勧めは、南下してパクセー
(パクセーにはコシーパン「4000の島」というエリアがあって
川を眺めながらバンガローでビール飲んだりできます)
でのっびりしてそのままベトナムに行ったりすれば
面白いかもですね。


そうそう。で話はムクダーハンに戻りますけど。。。。

メコン川を眺めて、マーケット一周して、ロータスで買い物をして、

おうちに帰るという感じで、、、、、、よろしいでしょうか。。(笑)。

mgm
(インドシナと書かれた門)


はぁ、結局なにもないじゃん!

とか言わないでくださいね!


ここで豆知識ですが
イサーン(タイの東北)の大きな都市(県)は
ナコーンラチャシーマー(コラート)県「バンコクからイサーンへの玄関口」
ウボンラチャタニー県「カンボジアの近く」

上記二つはイサーンの中でもかなり栄えた都市でその次に
コーンケン県やウドンターニー県がきます。

これタイのセンター試験とか出ないかなぁ(笑)
ということで受験生は要チェックですね☆



とにかく僕は写真(下)の60越のお母さんたちに気に入られてしまい、

後日、ナコーンラチャシーマ県へ連れて行かれることになったのです。
農作業が楽しいと言ってしまったがために、
「うちの可愛い孫を紹介する」だとか
「婿に来い」とかいろんなことを言われました。


加山雄三の「僕の~お嫁においで~」とはまったく
逆ですよね。

こんな村に一生住めばそりゃぁ

吉幾三ばりに「おいら田舎のプレスリ~♪百姓の倅~♪」
とか歌っちゃいそうですね、、、ははは。


iok7k
(最終的には面倒くさかったお母さんたち)


次回へつづく。。。。。。。。





★現地ツアー、ホテルのご予約は、ブルーアイランド★
http://www.blueisland-phuket.com/top.html


今日がいい一日だったら下のランキングバナーに
1クリックしてください。
rank

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

行ってどうなるヤスートーン県!
dd
(僕が寝泊りした家)

ufk
(美しい鶏たち)

久しぶりです。イサーン地方で苗植えしてきたJAJAです。
いやぁ、田舎の暮らしは最高でした。今回僕を招いてくれたのは
友人のジウさん(40歳)で実家には娘やお母さんや、親戚が
うじゃうじゃいる大家族でした。
しかも面白いことに、前回ムクダーハン県と伝えましたがあれは、
ジウさんの見栄っぱりで実はもっとマイナーなヤスートーン県でした。

まぁ、ムクダーハン自体日本人の方で知ってる人かなり
レアだと思いますけどね(笑)
佐賀県出身の僕が、出身聞かれて「えぇ、福岡の近くです!」
て答えるような感じですね、

イサーン(タイの東北エリア)それは延々と続く田んぼ道。
モーチッバスターミナルからナコーンラチャシマを超えると
何時間も田んぼが続きます。
お米、もち米、サトウキビ、野菜Etc,,,.が豊富な土地で。
鶏や牛やアヒルとかと人々が一緒に生活をしていました。

yukiui
上は、13歳のインちゃん(娘)と姪のファンタ(4歳)
この家族は生まれてくる子が全部女性で、ジウさんも女姉妹で
お母さんは7人姉妹全部女!ジウの子供も二人女で、
妹の子供も女。。。。。。

タイって何でこんなに女性が生まれる確立高いんでしょうか。
しかもその少ない男性の中からオカマの数世界一になるって
ことは、もともと6割が女性だとして、7割が女性系ってこと!?

田舎道を歩いているとやっぱり変声期を迎えた年頃の男の子が
いましたが、驚くなかれオカマの予備軍でした。

すごいぞこの文化!

朝からカオニャオ、ラープムー、
昼はソムタム、ガイヤーン、
夜は親戚だか誰だか知らない人が集まって宴会。

ていう4日間でした。

hktik
(家族の方々との食事)

この村には、外国人はきっと僕くらいじゃなかっただろうか、
道を歩いてると目面しい目で見られます。

プーケットとはまるで国が違うみたいですよほんとに。。。

朝から田んぼにて農作業。

昼は、学校をサボっているのか本当に休みなのか
僕の相手をしてくれる子供たちに英語を教えたりして
のんびりしました。

(何故日本語を教えないかというと、日本に連れてって、て
しつこくおねだりされるのが面倒だからです)



kiytk
(最近はKUBOTAの耕運機がタイの農業も浸透してて、
苗植えは手でやりますが、稲刈りは機械と手作業、
水牛を使う人はほとんどみなくなり、牛たちも仕事がなくて
暇そうでした)

日本のKUBOTA は「クボター」と(ター)にアクセントがつきます。
田舎の人はトヨタよりも、ホンダよりも、ニッサンよりも、
クボターに詳しいのです。

yjyutuj
(苗植えをする僕とおじちゃんとおばちゃん)
サングラス以外は中学生から借りた服でピチピチ(笑)


小学校の理科の授業以来の苗植え。
いやぁ、2、30分で汗だくだく、、、おじちゃんと
おばちゃんはかなりスピーディーにかつ綺麗に苗を
植えていきます。

「タムナー(農作業)は楽しいかい?」というおばちゃんの
質問に「サヌック」と答えてしまった僕はこの後、
面倒なことになるのでした。。。

ということで、ヤスートーン県でした!

すごく楽しかった、

40年前の佐賀県って感じでした(笑)

では、次はムクダーハンについて、、、。






★現地ツアー、ホテルのご予約は、ブルーアイランド★
http://www.blueisland-phuket.com/top.html


今日がいい一日だったら下のランキングバナーに
1クリックしてください。
rank

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

カオパンサー
せっかくの休日、そして明日も、何しようかなーなんて
思ってたらカオパンサァじゃないですか!?

ワットプラケオもワットポーも敬虔なブッディストで溢れて
「タンブンしませんか~」みたいな商売人で溢れ、
お坊さんも貴方もどなたも、て感じで昼間から
ブディストのお祭りでしたね。

そっかぁ、てことはバー等は夜はお休みですね。

せっかく9日からド田舎に行くことになるので
その前に眩しいネオンでも眺めに行こうと思ったのに。。

ということであんまり仏教事に関心のない方は
がっかりですね。

さぁ、来週は
「行ってどうなるムクダーハン県!」

をお伝えします。

ネット屋さんがあればいいんですけどね。

周りはサコンナコーン県やカラスィン県に囲まれていて、
東側はラオスという国です。メコン川を渡れば
ラオスのサワンナケートという街がありますが、
今回は僕はせっかくシングルビザ取ったし、
ラオスのサワンナケートは実は3年前に行ったことが
あるので今回は行きませんけど、如何せん

「マイペンライ」=「ボーペンニャンロォ」(大丈夫)
「マイダイタムアライ」=「ボーヘッイヤン」(何もしていない)
「イースィップバーッ」=「サオバーッ」(20バーツ)
「アロイマーク」=「セープイーリー」=(本当に美味しい)
「ドゥー」=「ブン」(見る)
「ルゥ」=「フー」(知ってる)

など等挙げればキリがないほど東北弁は難しくて、田舎っぽくて
お隣のラオス語とほとんど同じです。
3年前に一ヶ月くらいラオスに居たので僕は
割とすんなり覚えましたけど、プーケットにも
出稼ぎのイサーン人がたーっくさん居るので
覚えてると以外に使えます、


本日は素直にワットポーのマッサージ学校の受付に
情報集め行ったり、私事して、雨が止むのをじっと
待ったり、つまみ食いしたりして時間が過ぎてます。

またどこかのネット屋から更新しま~す☆






★現地ツアー、ホテルのご予約は、ブルーアイランド★
http://www.blueisland-phuket.com/top.html


今日がいい一日だったら下のランキングバナーに
1クリックしてください。
rank

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

天人の都クルンテープ
ハロー、サワディーカ~ッポ~ン。

無事に、、、難なくサワンナプーム空港に着陸しました。
あぁ、激安航空券ばっか買うとちょっと心配だったな。。

今、タイに帰ってきました。
涙がでそうだ。。

やっぱいいですね、この感じ。

ホームタウンって感じで今日はメータータクシーの中で
運転手と一緒にバーウィー熱唱しました。

ややテンション高めです。

しかし、今回の滞在はちょっと色々と忙しくなる予定で
(全部遊びじゃねーか!って突っ込まれそうですが)

田舎とか行くんでネットあればちょこちょこ更新します。

取り急ぎ、今日だけビール飲ませてください!


ではごきげんよう!!!!





★現地ツアー、ホテルのご予約は、ブルーアイランド★
http://www.blueisland-phuket.com/top.html


今日がいい一日だったら下のランキングバナーに
1クリックしてください。
rank

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

ビザ取得、チケット購入済みました
微笑みの国へのビザをゲットしました。
シングル、申請料金 無料でした。。。

最初はオフィサーは意味の解らないことを言うし更に
受け渡し時間平気で2時間以上待たせるし、

最後の最後までストレスの溜まる国だったなぁ(笑)

しかし、パスポートのページを捲ってちょっと
安心。なんでビザ取るのにこんなドキドキしないと
いけないんだろう、、、、と思いましたがそれは
きっと約50,60人のバングラデシュ人の中に
僕だけ日本人一人並んでたからかな、、、(笑)
あの空気に飲まれていたに違いない

いやぁ、この3ヶ月で、クレーマーみたいな性格に
なっちゃいました。。。


でも

7月5日に華の都バンコクに到着予定。


帰ってきたぜ桜島~!!!

どうも、ツヨシです、ピィ~ピィ~ピィ~♪
って歌える日まであと4日。


カウントするよ~、子豚が一匹、、、子豚が二匹、、


ということで、時間は華の都から生中継しま~す☆






★現地ツアー、ホテルのご予約は、ブルーアイランド★
http://www.blueisland-phuket.com/top.html


今日がいい一日だったら下のランキングバナーに
1クリックしてください。
rank

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。