プーケット、Patong発 JAJAの世界流離記
プーケット、パトンに住んでました。2009年2月からはプーを離れ色んなところをウロチョロしてます。タイネタが殆どです。
200905<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200907
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
疲れる毎日
暑い国に住んでると何もしてないのに疲れますよね。
これでさらに何もしなくなるともっともっと駄目になる。
暑いときこそ激辛料理を食べてスポーツをしたいものです。

そういえば先日、サッカーの試合で韓国相手に快勝しました。
相手もかなり日本に負けたくない根性出してきて
足とか蹴られましたけど僕も一点決めました。
良かった良かった。。

終わったあと、日本チームと韓国チームで飲みました。
驚くことにほとんどみんなベンガル語を話すんで、
僕かなりアウェイな雰囲気でした。
向かいに座ってた相手側マネージャー的なユンソナ似の
女の子が全く英語ができずに試合終了。。。あぁ、もっと勉強
しておけば良かった。

ということでその次は滞在期間切れでビザトリップ、
憧れのインドへ。。
行きはお洒落に鉄道で行きました。
しかし、14時間かかりまして、先日のサッカーでかなり
体力を使った僕は風邪をひいてしまい大変な目に。。。
インドで熱なんてこんなに辛いものはなかったですね。

帰りは、飛行機で帰りました。
インドの酒屋で買った2本のラムと1本のウィスキー、
DutyFreeで買った2本のウィスキー合わせて5本。
バングラ側はなんとお酒類1本しか持込ができないのです。
知らなかった、なんて言っても効力はなく。。。。
しかし、税関のとこでいろいろゴネたりうろちょろ
してたら結局1本だけ没収されました。
はぁ、びっくりしたぁ、、、。。。。それでも
国内で買うより数倍お得!リスクを背負ってやった
甲斐がありました。
(すみません、この気持ちはタイの方には理解できないと思います)

しかも、やぱりインド。
すごかった。
大英帝国の面影を残しつつ、貧困と観光客といろんな
言語、宗教、文化がミックスした様はお隣のバングラとは
その規模や深さ、そして生きることの極みを感じました。

それにしても僕が今まで読んだ本から想像していた
インドからはかなり発展を遂げていたと思います。
タイもそうですが、インドも物乞いの数がかなり少なかったです。
実際に排除されたとも聞きました。
麻薬の売人もほとんどいなくて普通の人でも
旅行しやすくなったのではないでしょうか。

物乞いの数でいうならやっぱ僕がいま住んでる国でしょう。
ここは酷いです。
未来のバックパッカー達にも一度見てほしいと思いますが、
これと言ってほかの見所はないんですよね。。。。

まいっか。。。

とにかく僕の疲れる毎日の近況報告でした。



サワディーカプ




★現地ツアー、ホテルのご予約は、ブルーアイランド★
http://www.blueisland-phuket.com/top.html


今日がいい一日だったら下のランキングバナーに
1クリックしてください。
rank
スポンサーサイト

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。