プーケット、Patong発 JAJAの世界流離記
プーケット、パトンに住んでました。2009年2月からはプーを離れ色んなところをウロチョロしてます。タイネタが殆どです。
200903<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200905
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めての腹痛
皆様、昨年の嫌なことは全て水遊びで流れましたでしょうか。
あけましておめでとうございます。
こっちも旧正月を迎えました。

そして一昨日は初めて飲んだ水があたって死ぬような
思いをしました。まだこの国にはコンビニがなくて
いつでもどこでも飲料水が買えないので水道水を
沸騰させて飲み水に利用しているのですが
間違えてまだ沸騰が未完全だったのではないかと
思います。
他の人は夏ばてだとか疲れからだとか言います。
まぁ、それもあるかも知れません。

停電でまたパソコンが使えなくなり、スタッフもどこかへ
いなくなりやることがなくなったときに激痛がきました。
「ついに来やがったな」
というのがあの瞬間の感想です。

誰もいなかったので無断で家に帰りました。
そして一人ベッドで苦しみました。
あの痛さはタイでは経験のない痛みでした。
赤痢にでもなったのではないかと思いました。
少しずつ手足がしびれて来たのでいよいよ
これはヤバいと思って、薬局を探しましたが道端の人も
よく知らないみたいで本当に苦しかったです。
歩くどころか立っていられなくなりそうでした。

やっと見つけたファーマシー。薬を求める客を掻き分け
ましたがなんとここでも英語が通じず、、、。
もう地獄へ落ちろと言われてる気分でした。
アンチバイオティック、アンチバイオティック、
という僕を不思議そうな目で見る人々、今でも
あいつらの顔が憎いです。

抗生物質と痛み止め、と電解質水溶液の粉。
これはタイで経験した腹痛に備える3点セット。
運良く英語が出来る客がいて出してもらいました。
あの人がいなければどうなっていたんだろうと思います。

全部多めに飲んでリキシャを捕まえて家路に着き、
半日くらい寝ました。

もう日本へ帰ろうと思いました。
こんな苦しい思いをするなら日本へ帰ってしまおうと
思いました。
「明日帰ろう」と思いました。

いつかはこうなると思ってましたがこんなに
早くなるなんて、、、とも思いました。

しかし、その後はずいぶん良くなりました。

簡単に薬で治るんですね。
いつもびっくりします。

初めての洗礼を受けた感じです。

水には本当に皆さん気をつけてくださいね。
気を付けすぎていいくらい気をつけてくださいね。

それから今年もどうぞよろしくお願いします。


PS.ナカジ君、そうか~パトンいいなー、健康が一番ですね、
何よりも健康でいられることが一番だと思います。
今年もよろしくお願いします☆



★現地ツアー、ホテルのご予約は、ブルーアイランド★
http://www.blueisland-phuket.com/top.html


今日がいい一日だったら下のランキングバナーに
1クリックしてください。
rank
スポンサーサイト

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。