プーケット、Patong発 JAJAの世界流離記
プーケット、パトンに住んでました。2009年2月からはプーを離れ色んなところをウロチョロしてます。タイネタが殆どです。
200901<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>200903
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アユタヤ遺跡巡り一日ツアー
おはようございます。
今回は僕も早朝から起きて7時にカオサン集合し、タイが誇る
世界文化遺産のアユタヤ遺跡群見学に訪れたお話をご紹介
したいと思います。
アユタヤはバンコクから高速道路を使えば1時間半から2時間
くらいで着く80キロ程北に上ったところにあります。
アユタヤがユネスコ世界文化遺産に登録されたのは1991年、
ということでそんなに昔のことでもないような気がしますが、
中学校の時に教科書に習ったことがある17世紀の朱印船貿易が
あった時代、ここに1500人も日本人が住んでて山田長政という
方が首領の座にいたという話は有名ですね。

guide
写真のガイドさん、彼がこの日のエンターテイナー、口の横の
ほくろから沢山の毛が生えていて怪しさ満点のおじさん。
しかしこのポクさん。あの「なごり雪」で有名なイルカさんと
友達だと自慢してくるのです。それはまぁ良いとしてこの日、他の
バスツアーもジョイントだったのですがその会社が遅刻したことにより
僕たちのグループもさらに40分ほど待たされることになりました。
そこでポクさん、彼はアユタヤ専門のガイドなので送迎の会社とガイドは
関係ないと一生懸命に弁解しておりました。
彼はベテランのやり手ガイドです。
僕もポクさんは悪くないと思います(笑)
よくあるよくある、と僕もそのツアーにいた日本人客に説明したり
して場のムードを和やかに、、、て僕も軽く働いてました(笑)


sagatto
全長28メートルのワット・ロカヤ・スタ。格闘ゲーム、ストリート
ファイター2のサガットのステージはここでしたね(笑)


さぁ、それではまずアユタヤ遺跡群について
ワットプラマハタートが一番大きな遺跡群で迫力もあるんですけど
特徴としては仏塔の様式がタイ様式と、スリランカ様式と
クメール(カンボジア)様式があるようです。
sirisj



km
この写真の奥の仏塔はクメールスタイル。カンボジアのアンコールワットに
似てますね。



kao nasi
約50年ほど前、タイで全国のいくつかの寺院で仏像の首だけが何者かに
盗まれて、外国人に売られるという事件が起こりました。その仏頭のない
有り様は見ていて実に痛ましかったです。。タイのアクションスター、
トニー・ジャー主演の映画「オンバーク」の元ネタの事件ですよね。。




don
そしてワット・プラ・マハタートの象徴でもあるこの木の長年の
成長と共に浮き上がった仏頭。
ここに参りに来るタイ人の姿も沢山ありました。ここで参る時は
仏頭に出来るだけ合わせて自分もしゃがみ込んで手を合わせましょう。
ガイドのポクさんもこれだけは守ってくれと参加者にお願いしておりました。
写真を撮るときも座って撮らないと警備員に注意されます。
仏像に対しては思い入れの強いタイ人の方が沢山いらっしゃるので
ガイドが熱を入れて説明してるときは、意味が分からなくとも
みんなの真似をしましょうね。。。

このアユタヤ一日ツアー、軽いお食事(お替り自由のカオゲーン)付きで
なんと450バーツ。カオサンだとこのくらいで500くらいで売ってる
とこもありました。英語ガイド付き。朝時間が遅れたり、待たされる可能性大(!?)
でありますがその遺跡群の壮大な景色にはイライラしていた参加者も
いかんいかん、ここはタイ、宗派は違えど同じ仏教徒ですから、
せめて日本人である私たちは癒されて参加しましょうね、、(笑)
きっとご利益あると思いますよ?なんていい事が期待できそうな
ツアーでした。。(どうでしょうか。。)

写真じゃ伝えきれないくらい見るモノ、感じるモノが沢山ありましたよ。
やっぱ2年以上タイに住んでてアユタヤ行かんのはいかんでしょう、
なんて勝手に思い込んで参加しました、でも良かったです。

この日は16時半ころにカオサンに到着しました。

久しぶりに歩きまくっていいエクササイズにもなりましたし、
遺跡マニアの方もそうでない方もオススメですのでチェックしてみてください☆



さぁ明日の夜ご飯は何を食べようかなぁ~。


★現地ツアー、ホテルのご予約は、ブルーアイランド★
http://www.blueisland-phuket.com/top.html



今日がいい一日だったら下のランキングバナーに
1クリックしてください。
rank
スポンサーサイト

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。